INAGAKI ARCHITECT OFFICE
FREE ACCESS 0800-800-7335
お問い合わせ Instagram Facebook

稲垣's voice

稲垣建築事務所 TOP > 稲垣's voice

稲垣's voice

  • 第二次ウッドショックが間も無く始まります。
    木だけではなく、全ての価格の上がり方がとんでもない事になりつつあります。
    あえて申し上げます。

    それでも今が底値。

    だと思います。
    ミドルクライシス(中流層消滅)と言われて久しいこの国は、
    消費人口の多い国(中国)や人口が増加しこれから中流層が激増する国(インド、インドネシア、タイあたり)に購買力で勝てるとは思えないのです。

  • 50を過ぎて新しい勉強を始めましたが、既に心折れそう。。。
    使う機会なんて、恐らく長岡じゃ無いだろうし
    勉強しても生涯使う事すらない可能性が高いけれど。。。。
    ウクライナ語(単語)をゆるゆるとお勉強中。
    知らない国にとてつもない不安を抱えながら避難してくる方々に
    お会いする機会があれば(ないだろうけど)
    単語の羅列でもいいから話せたらいいなと思いまして。
    そんな日本のオッサンが居れば1ミリくらい安心できるのかも。

  • 建築行政の管轄ではないのかもしれないけれど
    住宅を取り巻く色んな制度で最も摩訶不思議なのが「省令準耐火」
    建築士がハンコ押せば即認定。んなバカな。
    何の施しもされていない、偽省令準耐火が多く存在する。
    と、断言します。姉歯事件なんかよりバカバカしい。
    当然、火事になったら保険会社は保険金など支払いません。
    ん?この制度、火災保険会社にとっても丸儲けの「ザル制度」なのかも。

  • その国に行ったことはありません。
    が、知り合いが数年前にその国に行った時の話。
    外国人、ましてやアジア人にも人懐こく、親切な国。
    そんな印象しかないと無いとおっしゃっています。
    片方からの見方をしてはいけないという事はわかっていますが
    大義名分も正義も無い。こんなことが許されていいはずがない。

  • 戦争は嫌だ。
    兵士たちにも家族や大切な人がいる。
    命令する奴は安全な場所で、毎日家族にも会える。

    前線の兵士=悪ではない。と、思います。


  • 日本を背負うと言う名誉や高揚感があったとしても
    彼ら彼女らは最終的には自分の為に戦っているはず。
    ありがとう。ご苦労様。


    ルールなら抜き打ちではなく全員に「事前」にやれよ。と思う。